7月8日~14日の一週間以上にわたり『HAKUBA INTERNATIONAL SCHOOL SUMMER CAMP』が開
催されました。
参加者は20人近くにのぼり、日本の各地のインターナショナルスクールや公立校はもちろ
ん遠いインドから参加された子もいらっしゃいました。
講師にはCarol inugaiさんを始めとした国際色豊かな方々に加え今世界で一番入るのが難し
いと言われてるMinerva Universityの現役大学生のインターンシップの三人、元オリンピ
ック代表選手の成瀬野生コーチなどを迎えて行われました。
一週間のレッスンではマイクロソフト社による全面バックアップの元『マインクラフト』
を使ったプログラミングを学び、自由な発想で自分達の学校作りにチャレンジ。最
終日にはその作りあげた学校を著名な建築家のエドワード鈴木先生にそれぞれ評価をいた
だくというとても豪華な内容でした。
皆で外に出て白馬の大自然の中でノルディックウォーキング、八方池へのトレッキング、
青木湖でいかをだ作りやGeocacheを楽しみ
また夜には子供達が自分達だけで『ビーガン食』作ることにチャレンジ。お肉はもちろん
牛乳、卵、動物性の出汁もダメな本格的なビーガン食クッキング。みんな事前に勉強した
知識を存分に役立て素晴らしいディナーを作ってくれました。
初日はみんな緊張したり、違う文化圏から集まった事もあり多少ぎこちない感じが出でい
ましたが、一週間たつ頃には兄弟のように仲良くなっていて驚かされました。
こういった子供たちの成長を近くで感じれる事はNOMADをやっている中でとても幸せな
事です。
またこの記事書いているうちにみんなに会いたくなってしまいました。
みんなまた白馬に来たときはNOMADにも遊びにきてくださいね!

 

Staff Sho

カテゴリー: Seminar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA